外部につける耐候性ブラインド!

やっぱり遮熱はガラスの外で

2階だけのリフォーム事例です。お子さんが巣立っていた後の個室をつなげてワンルームの部屋を作りました。せっかく手を入れた庭が一望できるようにと、寸法がオーダーできる大開口の木製サッシュを採用。カーテンなどなくてもプライバシーをコントロールできるようにドイツ製の外付けブラインドを付けました。やはりガラスの内側でブラインドをつけても、日射熱=電磁波が熱に変換されるのが室内では意味がありません。窓の外で熱に変換してもらえば、室内は涼しいのです。 保土ヶ谷Y邸             鈴木信弘・洋子


暮らしをデザインする建築家|AA STUDIO

神奈川県、横浜市を中心として暮らしをデザインする建築家のグループです。

0コメント

  • 1000 / 1000