涼しい室内からみる緑

冬はエタノール暖炉を楽しみ、夏は窓辺から中庭の植生を楽しむ。小さいけれど、ある程度建築で視線をコントロールすれば、快適な環境を得ることができます。気配は感じるが、気にならないようにするのがミソ。ー世田谷 I 邸ー             鈴木信弘・洋子

暮らしをデザインする建築家|AA STUDIO

神奈川県、横浜市を中心として暮らしをデザインする建築家のグループです。

0コメント

  • 1000 / 1000