真夏の現場にて

毎日暑くて、大変です。

9月の中旬には引き渡しとなる、港北ニュータウンの現場は仕上げ工事の真っ最中。

この住宅は2階がリビングなのですが室内に柱がないワンルーム。こういう場合天井がよく見えますから、ちょっと眺めていて美しいものにしたくなった。しかしこの形状の不利な点もあって音が反射して真ん中に集まってしまいますから、それを解決するため、八溝杉の細い材を隙間を開けて貼り、吸音に配慮してみました。

こんな面倒な仕事をさせて!悪魔!と周囲から言われておりますが(汗)そうでもないんです。この仕上げ貼り2人で4日間。最初はてこずっておりましたが、慣れてくると早いものです。職人さんは毎日暑くても、文句も言わず黙々と作業を。ほんと、感謝!です。

                                 鈴木信弘・洋子

暮らしをデザインする建築家|AA STUDIO

神奈川県、横浜市を中心として暮らしをデザインする建築家のグループです。

0コメント

  • 1000 / 1000